もみあげ脱毛におすすめの方法

もみあげ付近は顔と繋がっているため、皮膚が薄くデリケートです。自己処理では皮膚を傷つける恐れがあり、思い通りの形や薄さに仕上げられない事もあります。

手入れにかける負担を減らし、かつ、理想の形・薄さのもみあげを手に入れるなら、エステサロンや病院で受けられる「脱毛」が簡単です。それぞれに特徴がある脱毛方法から、自分にぴったりのものを選んでみましょう。フラッシュやレーザーを用いた脱毛は、暗い色に対して作用する光を皮膚に当て、毛穴内にある毛根にダメージを与えます。

もみあげは髪の毛と繋がっているため、顔の他の毛よりも色素がはっきりしていて、太さがあります。そのため、光が作用しやすく、効果を得やすくなっています。

また、1回当たりの施術時間も短めで、比較的気軽に通う事ができます。フラッシュとレーザーの違いは光の強さで、レーザーの方がより深い毛根にも作用しやすいですが、フラッシュの方が刺激が少なく、肌に優しいです。針を用いた脱毛は、毛穴の中に専用の針を差し込み、電流を流して毛根を破壊します。

フラッシュやレーザーがあまり得意でない産毛や日焼けした肌に対しても効果が高いです。ただし、1回当たりの施術で広い範囲の処理をすると時間が掛かってしまう上、肌に刺激を感じやすいです。

フラッシュやレーザーで取り切れなかった産毛を針で除去するというのが、効率的かもしれません。