毛穴にダメージを与える もみあげ脱毛法

男性の中でもみあげ周辺のムダ毛が気になっていて脱毛を考えている人も多いでしょう。脱毛の方法として古くからある「ニードル」という方法は、細長い針を毛穴に差し込み電気を流すことで毛母細胞を焼くことにより、そこから毛が二度と生えないようにする方法です。一回の処理に時間がかかり痛みが激しいというデメリットもありますが、脱毛効果が極めて高く、太く濃いもみあげでも確実な効果を示してくれます。

さらにもみあげの先端を細くするなどの細かいデザインの対応も可能です。他にもレーザーを使った方法もあり、これはレーザー光線で毛のメラニン色素に集中して熱を送り、毛根にダメージを与えて生えさせなくするのです。

レーザーの出力が高くて照射範囲も広いため、通院の回数が少なく済みます。この方法は、医療機関でのみ行っております。最後に、脱毛は自分で処理することもあると思いますがやめておいた方がいいでしょう。

自己処理は非常に手間がかかりますし、カミソリで長期間もみあげを処理していると、黒ずみなどの問題も発生してきます。ですので、基本的にはサロンなどのプロの技術で安全に処理する方があなたの将来的な肌の健康のためにも良いのではないでしょうか。